宴会

宴会とは、飲食を共にすることによりお互いのコミュニケーションを深める行為をいう。通常2?3人程度で行うものは宴会とはいわず、ある程度まとまった人数で行なう場合に宴会という。


宴会は通常、職場、労働組合、政治団体、各種団体などで行なわれる。


新年会、歓迎会、送別会など名目はさまざま。取引先企業の接待のために行なわれる場合もある。


小規模の宴会は、居酒屋などの飲み屋で開かれる事が多い。あるぐるなび程度規模が大きい場合にはホテルが用いられる。


企業の慰安旅行などでは宿泊施設の宴会場を利用する車 査定事が多い。政治団体などは料亭で宴会を行なうことが多い。


宴会を企画する人は幹事と呼ばれる。設宴の場所や日時の調整、経費の管理だけではなく、場合にFX ランキングよっては参加者の選定や宴会場における配置などにまで気を配らなければならず、いわゆる「気の利いた」人でなければ務まらない。


企業社会において、宴会は切っても切り離せないものである。


多くの企業は社員の福利厚生の一環として社員旅行を行なっているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事も多い。


また、新年・新入社員の入社期など、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぐ事ができると考える人も多い。


普段の業務とは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることも多い。


これはひいては業務の効率向上につながる。しかし、一方yahooでは、業務上では表さないようにしている一面を見る事により、逆に不信感を持って以降の業務に支障が出るという事も少なくはない。


また、宴会は業務時間以外に行われる事が多いので、プライベートな時間にまで会社のレーシック 口コミ環境が入り込む事に強い不快感を抱く人も多い。


宴会の通常の出費形態が割り勘である。


宴会では、よく芸達者な者たちが芸をはじめたりすることがある。


楽器の演奏やカラオケなどが多い。また、簡単な品川近視クリニック手品が披露される事もよくある。


このような、一般に芸として認められているものを素人が行う場合、隠し芸という。


これに対して、宴会でしか通用しないと思われる芸が各地で伝承されていて、それらを宴会芸という。かつては、座布団を指先でまわしてみせる「座布団回し」が宴会芸の典型であるとされたが、現在実際にこれを行なう者は少ないと思われる。


酒の席のこと、素面では恥ずかしいものも多い。芸者や太鼓持ちがいる場合には、いわゆるお座敷芸が行われる。そうでない場合には、素人による芸が出るわけである。いわゆる野球拳などもこの範疇である。猥歌なども多くはこのようにして伝承された。ただし、その多くはカラオケの流行と共に絶滅に向かいつつある。


Copyright © 2012 宴会について. All rights reserved